ダイエットの敵「デブ菌」が増える原因と減らす方法について調べまとめました!

腸内フローラのサプリメント比較!驚きのダイエット効果
  1. 腸内フローラのサプリで痩せ菌を増やす

ダイエットの敵はデブ菌だった腸内フローラのサプリで痩せ菌を増やす

「毎日運動をしているのにちっとも痩せない」「カロリー計算をするとオーバーしていないのに、痩せない」など、ダイエッターにとって「痩せない悩み」というのは誰もが直面したことのある問題です。

そしてなかなか効果が出ないために一旦辞めて次の別の方法に切り替えてみる。こうして様々なダイエット方法を梯子している間に「あれ?なんだか少し以前より痩せにくい体質になっているような気がする?」

もしあなたが今そんな風に感じているならば、今すぐダイエットを中止してこの記事を読んで下さい。このページでは、いくらダイエットをしても痩せない原因「デブ菌」について詳しく解説しています。

「悪玉菌」が「デブ菌」と呼ばれるワケ

「悪玉菌」が「デブ菌」と呼ばれるワケ

私たち人間の腸の中にはたくさんの「細菌」が住んでいます。この「細菌」は、腸内で良い働きをする「善玉菌」、悪い働きをする「悪玉菌」、そのどちらにもなり得る「日和見菌」という三種類に分類されていますが、その中でも「悪玉菌」に振り分けられる細菌は通称「デブ菌」と呼ばれたりしています。

何故なら「悪玉菌」というのは腸内に増殖することによって腸の蠕動運動を鈍らせ「便」を排出せずに腸内に留めてしまいますから、身体が重く、お腹はポッコリと迫り出てしまいます。

また便が溜まり悪玉菌優位に傾いた腸内というのは、「消化」や「代謝」の力が弱まっており、消化されない「腐敗物質」やその他「有害な物質」が腸内に増えてしまったり、体内で脂肪の燃焼を促すアミノ酸を効率よく吸収出来ず脂肪を燃焼出来なかったり、溜まった便から脂肪分が滲み込んでしまったりなどするため、とにかく体を「太りやすい」「溜め込みやすい」状態に変えてしまいます。

この状態でいくら運動や食事制限ダイエットを取り入れたところで、本来の効果は決して得られないのです。

「デブ菌」が増える原因

腸には「一日の仕事のリズム」というものが存在します。これを無視した食事や睡眠を長期間続けていると、腸内フローラが悪玉菌優位へ傾き、「デブ菌」が増える原因となるのです。

「デブ菌」が増える原因

腸は午後8時以降になると食べた物を吸収することと回復することに専念するので、この時間になる前には夕食を済ませておくのが理想的。

何故なら腸にとって消化作業というのはとても大変な作業で、最優先されてしまうからです。その結果、身体の回復がままならずに疲れが溜まったり胃もたれが頻繁に起きるようになります。

仕事柄、この時間に夕食を食べられない人は多いかも知れません。ですが、「腸に悪いこと」と知っているのといないのではまた意識も変わって来るかと思います。

夜遅くの食事の一番怖いことは、「代謝がしっかりと行われなくなること」です。代謝とは、一日で出来た身体の古い細胞や毒素を外に排出すること、つまり細胞の再生を意味します。この代謝が正常に働かなくなれば、腸内に「デブ菌」を増殖させるだけに留まらず、身体中に毒素が溜まって大きな病気や長年続けていれば死に繋がることもあります。

少し意識して、小さなことから出来る範囲で規則正しい食事や生活習慣を心がけてみて下さいね。

消化不良を起こさないために心がけること

消化不良を起こさないために心がけること

食材にはその食材そのものが持っている「消化機能」が存在します。例えば果物の「バナナ」は長時間放置すると黒く柔らかくなって行きますが、これはバナナの持つ「消化機能」のために起こる現象です。

食材の持つ「消化機能」というのは、加熱調理をすることで失われます。つまり加熱食というのは私たちの消化器官に消化作業のすべてを委ねることになるので、生の果物や生野菜よりも消化作業にかかる負担が大きいと言うことなんですね。

これに関しては、例えば「サラダを先に食べてから焼き魚を食べる」というように、生の食材を先に胃腸へ送り込んでから火が通っているものをいただくことで大幅な負担減に繋がります。食事の際は是非少し意識するようにしてみて下さいね。

また食材の持つ「消化機能」が私たちの消化不良を防いでくれるということは海外でも注目されており、「ローフードレストラン」といって生の食材をメインで出すレストランも多くなっています。

そして、消化不良を起こさないために最も大切なことは、ズバリ「お腹がいっぱいになるまで食べないこと」です。どういうこと?と思った人も居るかもしれませんが、これは「腹八分目を心がけるようにしましょう」という意味になります。

腹八分目は、感覚的には「あと少しなら食べられそう」くらいの満腹さ。これが「もう食べられない」という状態であれば腹十分目、「苦しくて不快」まで行くと腹十二分目とお考え下さい。

常に「もう食べられない」という状態まで食べる習慣が染み付いている人は意外と多く、こうした習慣から突然「腹八分目」に切り替えるのは非常に難しいことと思います。しかし、腹十分目まで食べてしまったときの消化器官への負担というのは途轍もないのです。

デブ菌を減らす「痩せ菌」の正体は「乳酸菌」

デブ菌は腸内の「痩せ菌」つまり「乳酸菌」を増やすことでその勢力を弱めることが出来ます。と言うのも、デブ菌は乳酸菌の「酸」にとても弱いためです。

「乳酸菌」は、ヨーグルトなどの乳製品や、納豆などの発酵食品から摂ることが出来ます。その他にも乳酸菌を効率良く腸に届けることが出来る優良なサプリメントが多く出回っていますので、より気軽に摂取することが出来るようになりました。

私が実際に試してみて最も効果的でありお勧めだと感じたのは「花菜の選べる乳酸菌」です。これは2種類のタブレットを交互に飲むことで腸を同じ菌に慣れさせないという新しいタイプのサプリメントで、乳酸菌量5000億個は業界最高水準。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

ページのトップへ