乳酸菌や善玉菌のエサが多く含まれる食品・食材の主成分と特徴についてまとめました!

腸内フローラのサプリメント比較!驚きのダイエット効果
  1. 腸内フローラのサプリで痩せ菌を増やす

腸内フローラを改善してくれる食べ物発酵食品その効果

乳酸菌には、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれる「動物性乳酸菌」と、納豆やぬか漬けと言った発酵食品に多く含まれる「植物性乳酸菌」の二種類があります。これらの乳酸菌にはそれぞれ違った特徴があり、いずれも腸内フローラの改善に必要な「善玉菌」のひとつです。

こうした食品を普段から食事に取り入れるように意識することで、腸内環境が整うと、正しい代謝・排泄よって身体中の様々な不調が解消され、便秘症やダイエットにも絶大な効果をもたらしてくれるでしょう。

発酵食品を生成する「発酵菌」の力

発酵食品を生成する「発酵菌」の力

発酵食品にも、善玉菌を増やし、悪玉菌を排除して腸内フローラを整える働きがあります。納豆や味噌、チーズやヨーグルト、キムチやザーサイなど、発酵食品は世界各地で昔から食卓に並んで来ました。

これら発酵食品の製造には、酵母、黴、細菌などの微生物、いわゆる発酵菌の働きが欠かせません。以下、主な発酵菌の機能とその特徴をまとめました。

特徴 含まれる食品
乳酸菌 糖質を分解して乳酸を生成。腐敗を防ぐ働きがあり、悪玉菌の増加を抑制する。 チーズ、ヨーグルト、味噌、醤油、漬物、キムチ
酢酸菌 エタノールを酸化して酢酸を生成。ビフイズス菌の増殖を促進する。
納豆菌 酸に強いので、胃酸に負けず腸内に到達し、悪玉菌の繁殖を防ぐ。納豆菌が作り出す酵素ナットウキナーゼは血栓を溶かし、血液をサラサラにする。 納豆
麹菌 ビタミン類を生成。蒸した穀物などに繁殖し、デンプン、タンバク質を分解する酵素を生産する菌で、日本の発酵食品の多くに使われる。 味噌、醤油、米酢など
酵母菌 糖をエタノールと炭酸ガスに分解する。酸素がなくても存在できる。炭酸ガスが増えると他の多くの微生物は存在できなくなるので、悪玉菌の抑制につながる。 ワイン、日本酒、パン、魚醤など

化学調味料や食品添加物の落とし穴

化学調味料や食品添加物の落とし穴

ただし、一見「発酵食品」であるかのように見えて、実はそうでないという場合も少なくありませんので注意が必要です。

例えば味噌や醤油など、通常であれば発酵には一年以上かかるものですが、強制的に成熟を早めているものや、長期保存のために「化学調味料」や「保存料」「添加物」などを使った発酵食品も多く、添加物によっては抗菌性が高過ぎるためにかえって腸内細菌にダメージを与えてしまうようなケースもあるため、くれぐれも慎重に。

また「ぬか漬け」と表記されている品物の中にも「浅漬けの素」やぬか漬けの味を再現出来る調味料などで味付けをされただけのものがあります。こちらも「発酵」していなければ意味がなく、ただ塩分をたくさん摂ってしまうだけになるのでくれぐれもご注意下さい。

発酵食品の他に取り入れたい菌類

発酵食品の他に取り入れたい菌類

「きのこ」は動物、植物に次ぐ第三生物群で「菌類」に分類されます。つまりきのこを食べると言うことは「菌をまるごと食べている」のと同じことになりますので、腸内細菌を増やし腸内フローラを整えることに繋がります。

また、きのこに多く含まれている水溶性の食物繊維は腸内の善玉菌を元気にさせる所謂「善玉菌のエサ」と呼ばれるものなので、こちらも多く摂り入れることが出来れば腸内フローラ改善の手助けになります。

菌そのものを摂り入れることを「プロバイオティクス」、善玉菌のエサとなるものを摂り入れることを「プレバイオティクス」と呼んだりもしますが、きのこはまさにこのふたつの要素を満たした非常に優秀な食材と言うことが出来そうです。

ぬか漬けにも多く含まれる「乳酸菌」の力

チーズ、ヨーグルト、味噌、醤油、漬物などにも含まれる「乳酸菌」は、積極的に摂り入れることによって腸内フローラを改善することが出来ます。腸内フローラを改善すると、正しい代謝・排泄がもたらされ、身体中の様々な不調が解消されるでしょう。しかし、こうした食品を毎日たくさん摂るのは難しいことです。そこで、乳酸菌を効率良く腸に届けることが出来る優良なサプリメントで、より気軽に「乳酸菌」を摂取する人が増えました。

私が実際に試してみて最も効果的でありお勧めだと感じたのは「花菜の選べる乳酸菌」です。これは2種類のタブレットを交互に飲むことで腸を同じ菌に慣れさせないという新しいタイプのサプリメントで、乳酸菌量5000億個は業界最高水準。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

ページのトップへ