腸内フローラを整えるために心がけること・注意すべきことをまとめました!

腸内フローラのサプリメント比較!驚きのダイエット効果
  1. 腸内美人へ!腸内環境を整える方法

腸内美人へ!腸内環境を整える方法

私たち人間の身体は、腸内フローラ、つまり腸内環境を正常な状態へ整えることで、便秘症や花粉症、肥満症といったあらゆる不調が解消されるようになっています。ですから現在そうしたお悩みを抱えている人は、闇雲に食事を抜いたり抗生剤を飲んだりする前に、先ずは腸を美しく整えることを意識して生活を改善してみましょう。

キレイな腸ってどんな腸?

そもそも「美しい腸」とは「柔らかく温かい」状態であり、また本来の内臓器の「正しい位置」にある状態の腸のことを指します。

具体的には、胃腸の辺りを指でぐっと押さえつけたときに指の第二関節辺りまで入ってゆく状態が理想的。指が入っていかない程に腸が硬くなっている人は、暴飲暴食や冷えなどで血液循環が滞り免疫力が下がっている状態ですので注意が必要です。こうした状態を放置してしまうと、腸が下がってその下にある臓器を圧迫してしまい、深刻な臓器疾患へ繋がってしまうようなケースもありますから、決して軽んじてはいけません。

キレイな腸ってどんな腸?

さて、「腸が柔らかく温かい」状態であるためには「腸が活発に動いている」必要があります。よく動く腸は健康的な排便を促し、消化・吸収・代謝も良くなりますから、必然的に柔らかく、そして温かくなるためです。

私たちの腸を動かしているのは、腸の中に住んでいるたくさんの菌、中でも「善玉菌」「乳酸菌」と呼ばれる種類の細菌です。善玉菌が多く住んでいる腸は運動が盛んであり、そのために柔らかくなりますが、反対に善玉菌が少ない腸は運動が鈍いため、冷たく硬くなってしまうという具合です。

以上の事柄をまとめると、「善玉菌がたくさん住んでいて、活発に動いているために、柔らかく温かい腸」というのが「美しい腸」の条件であるということになりそうです。美しい腸の鍵を握るのは「腸内の善玉菌の数」ということですね。

善玉菌の数を減らさない

善玉菌の数を減らさない

私たちの腸の中には、腸内で良い働きをする「善玉菌」、悪い働きをする「悪玉菌」、そのどちらにもなり得る「日和見菌」という三種類の細菌が始めから一緒に暮らしています。健康な状態の腸であれば、善玉菌が悪玉菌の数を上回っているため、日和見菌は善玉菌と同じようにビタミンを生産したり病原菌感染を予防したりしています。

ただし、何かの切っ掛けで善玉菌の力が弱まると、悪玉菌が優位となり、日和見菌が一緒になって悪さをするようになるため、腸内環境が悪い環境へと傾いてしまいます。こうなると、多くの日和見菌が悪玉菌と同じように人体に有害な物質やその他発がん性物質などを生産し始め、肌荒れや便秘症、倦怠感、アレルギー症状などの体調不良が引き起こされることとなるでしょう。

善玉菌の力を弱らせないためには、「善玉菌が嫌うこと」を知り、それを避けるように心がけて生活をすることが大切です。以下、善玉菌が住みにくい腸を作ってしまう原因を挙げてみますので、ご自分の生活習慣がいくつ当てはまっているかチェックしてみて下さい。

善玉菌が嫌うこと
強いストレスを感じる
お肉をたくさん食べる
お酒をよく飲む
食事の代わりにスナック菓子や甘いものを食べる
インスタント食品やファーストフードをよく食べる
和食よりも洋食をよく食べる
豆類や海藻類、根菜類はあまり食べない
ヨーグルトや乳製品はあまり摂らない
生活リズムが不規則で食事の時間が決まっていない
通勤や買い物など一日に数時間歩く他は座って過ごす

当てはまる項目が0個~2個の人は、腸内環境は良好であると考えて良さそうです。そのままの生活を続けて、美しい腸を保ちましょう。

3個以上の人は危険信号。ちょっとした心がけで美しい腸に戻りますので、少し意識して生活を改善してみて下さい。

ただし、9個~10個当てはまってしまった人は要注意。もう既に何かしらの体調不良を抱えているか、いずれ大きな病気になってしまうかも知れません。一日も早く今の生活を見直し、改める必要がありそうです。

腸は刺激を受けることでも活発になる

腸は簡単なマッサージやエクササイズなどによる適度な刺激が加わわることでよりスムーズな蠕動運動を起こすことが出来ます。腸の動きがスムーズになれば健康的な排便、消化、吸収、代謝が促され、善玉菌優位の美しい腸の状態へと戻って行くでしょう。

腸は刺激を受けることでも活発になる

マッサージの場合は胃腸の辺りを手の平や指の腹を使って揉むようなイメージで、痛みが伴わない程度の力で行ってみて下さい。座った状態では苦しくてやりにくいという人は仰向けの状態で行います。軽く撫でる程度で腸が活発に動き始めるのを感じることが出来る人も居れば、胃腸が冷えているためにうまく行かない人も居るでしょう。根気良く続けてみて下さいね。

また、上半身をねじる・曲げる、腰を回すようなエクササイズも効果的。足を肩幅に開いて真っ直ぐに立ち、前屈したり左右にねじったり、下腹や脇腹を意識しながら骨盤をゆっくり回すなどしてみましょう。立ってするのが辛い人は座った状態でも構いません。

これらは朝食の前後に行うと朝の排便を促すことにも繋がりますのでお勧めです。

善玉菌=乳酸菌を摂る

この他にも、良質な乳酸菌を積極的に摂取することで、減ってしまった腸内の善玉菌を増やすことが出来ます。ヨーグルトなどの乳製品や、納豆などの発酵食品に善玉菌を増やす効力があるというのはご存知の人も多いかと思いますが、今は乳酸菌を効率良く腸に届けることが出来る優良なサプリメントが多く出回っていますので、より気軽に摂取することが出来るようになりました。

私が実際に試してみて最も効果的でありお勧めだと感じたのは「花菜の選べる乳酸菌」です。これは2種類のタブレットを交互に飲むことで腸を同じ菌に慣れさせないという新しいタイプのサプリメントで、乳酸菌量5000億個は業界最高水準。気になる方は是非、公式ページを確認してみて下さいね。

ページのトップへ