便やオナラが嫌な臭いになる原因や、理想的な便の臭いや色について調べまとめました!

腸内フローラのサプリメント比較!驚きのダイエット効果
  1. 便秘が治ってオナラが臭くなくなった

便秘が治ってオナラが臭くなくなった

オナラとは、腸内に溜まった「ガス」のことを指します。ガスは炭酸飲料を飲むなどした際に「口から入った空気」である場合と、「食べ物を分解するときに発生する気体」である場合がありますが、臭いに関係するのは後者、つまり「食べ物を分解するときに発生する気体」の方になります。

ちなみにこの「食べ物を分解するときに発生する気体」は「腐敗ガス」と呼ばれ、「排泄物」と同じ扱いになります。つまり、オナラの役目は「排泄作用」ということになりますね。

便やオナラが嫌な臭いになる原因

便やオナラが嫌な臭いになる原因

腸内フローラのバランスが乱れ、「ウェルッシュ菌」や「大腸菌」などの「悪玉菌」が増殖してしまうと、これらは「アンモニア」や「硫化水素」と言った「臭いのするガス」をたくさん発生させます。つまり、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えてしまうことが、嫌な臭いのするオナラの原因なのです。

しかし、この問題はそれだけに留まりません。悪玉菌が生み出す「臭いのするガス」は、「活性酸素」という物質を増加させ腸の粘膜を傷付けてしまったり、腸菅免疫力を抑制してしまったりするため、様々な身体の不調や病気の原因にもなるのです。

また、善玉菌が少ない腸は蠕動運動が鈍くなるために便が溜まり、それが異常発酵を起こして「腐敗物質」となります。便は腸の中に長い期間留まっていれば留まっているほど「嫌な臭いになる」ということなんです。

便の状態で腸内の状態が分かる

便の状態で腸内の状態が分かる

裏を返せば、腸内フローラが整っていて乳酸菌が多く棲息している腸の人の便やオナラは臭くないということになります。もちろん排泄物ですから臭いはありますが「強烈な臭い!」ということはなくなります。

特に「便の状態」というのは腸内の状態をチェックするのに最適です。腸を開いて見てみることは出来ませんが、便が理想的な状態であれば「腸もキレイ」と言うことが出来るからです。腸内フローラ改善を始めて間もない人は「便チェック」を行うことで「乳酸菌は順調に増えているか?」「食事や生活改善は正しいか?」答え合わせが出来るのです。

では、腸がキレイなときの便はどのような状態なのでしょうか?ポイントは臭い、量、硬さ、色です。こちらに図を用意してみましたので、チェックしてみましょう!

先ず「臭い」ですが、これは先程述べたように「強烈な臭い!」でなければ問題ナシ。健康な腸は毎日お通じがありますから、生成されてから直ぐに出てくる便なのできつい悪臭がありません。

続いて「量」ですが、1日1回~2回のお通じで、1回あたり「バナナ1本分」が適量。これも「臭い」と同じ理由で、腸の中に留まっている便ではないために、量が多過ぎたり、反対に上手く生成されずに少な過ぎるということがないのです。

「硬さ」についても同じように、「バナナ状」であることが理想的。乳酸菌の働きが活発で、かつ食生活や水分補給が正しくされている場合には必ずこの硬さになります。ただ、まさか出てきた便の硬さを触って確かめることなんて出来ませんので、「ストンと出てくるか、そうでないか」で判断するようにして下さい。気持ち良く出てくる硬さであれば「バナナ状」になります。

また「色」についてはやや黄色味がかっているのが理想的。反対に「濃い茶色」や「黒に近い」場合、腸の中に長く留まっていた便ということになるので良くありません。これは比較的分かりやすく顕著にあらわれます。毎日快便であったのに、何かの切っ掛けでたまたま1日お通じがないと、翌朝の便って少し「濃い茶色」になっていたりします。

太りにくい体質とは便を溜めない身体のこと

太りにくい体質とは便を溜めない身体のこと

腸内に長い期間便が留まっていると、そこから体内に脂肪が滲み込む「腸腫れ」という現象が起こります。

悪玉菌が増えた腸はただでさえ代謝が弱まっていて「脂肪を燃焼出来ない」状態であるのに、更に腸腫れで「脂肪を取り込んでしまう」、便が溜まっている身体というのは「非常に太りやすい身体」の状態なんですね。

反対に、常にたくさんの乳酸菌が棲息している腸は、蠕動運動が盛んで1日1~2回の健康的な排便があります。便がスムーズに排出されればポッコリお腹が解消されるだけでなく、こうした「腸腫れ」を防ぐことが出来ますし、脂肪の代謝が活発になり、「燃焼しやすい身体」になれるという仕組みなのです。

便を溜めない身体を作る乳酸菌

大食いなのに痩せている人のお腹の中を調べてみると、標準の2倍以上の乳酸菌が棲息していたという報告もあります。それくらい食べても太らない「便を溜めない身体」に欠かせない「乳酸菌」は、ヨーグルトなどの乳製品や、納豆などの発酵食品から摂ることが出来ます。その他にも乳酸菌を効率良く腸に届けることが出来る優良なサプリメントが多く出回っていますので、より気軽に摂取することが出来るようになりました。

私が実際に試してみて最も効果的でありお勧めだと感じたのは「花菜の選べる乳酸菌」です。これは2種類のタブレットを交互に飲むことで腸を同じ菌に慣れさせないという新しいタイプのサプリメントで、乳酸菌量5000億個は業界最高水準。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

ページのトップへ