みんな知ってる?ビフィズス菌と乳酸菌の違い

腸内フローラのサプリメント比較!驚きのダイエット効果
  1. ビフィズス菌と乳酸菌の違い

似ているようで違う!ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌というと、「ヨーグルトに入っている善玉菌」というイメージではないでしょうか。必ずしも全てのヨーグルトにビフィズス菌が含まれているわけではありませんが、ビフィズス菌が含まれているものと含まれていないものとでは、ビフィズス菌が含まれる方がより整腸効果が高いことがわかっています。

ですが、乳酸菌もまた整腸効果がありますし、広くとらえるとビフィズス菌は乳酸菌の一種ともいえます。ビフィズス菌と乳酸菌はどちらも人の腸の中にすんでいる善玉菌であるということは同じなのです。

ここまでだと、ビフィズス菌と乳酸菌にはそれほど大きな違いはなさそうです。しかし、実はこの二つにはとても大きな違いがあります。この違いについて、これから説明していきます。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?

ビフィズス菌と乳酸菌の最も大きな違いは、乳酸菌がビフィズス菌を助ける役割を担っているということです。

どちらも人間の腸の中にすんでいる善玉菌であることは上でも書きましたが、存在している数には大きな開きがあります。

腸の中では大量のビフィズス菌が健康を整え、そのビフィズス菌が生息しやすくなるような環境づくりをサポートしているのが乳酸菌なのです。

名称 腸内の数 生息場所 作るもの
ビフィズス菌 1兆~10兆個 人や動物の腸内 人や動物の腸内
乳酸菌 1億~1000億個 人や動物の腸内・発酵食品・自然界 乳酸

ビフィズス菌は人間の腸の中にすむ善玉菌の99.9%を占めており、人間の腸に最も適した菌です。ビフィズス菌が1兆~10兆個存在することに対し、乳酸菌は1億~1000億個にとどまっています。比率から見れば、ビフィズス菌は乳酸菌の100~1万倍もの数が腸内に存在するということなのです。

ビフィズス菌のメリット

ビフィズス菌のメリット

乳酸菌が自然界に存在できることに対して、ビフィズス菌は人間や動物の腸の中にしか存在できません。これはビフィズス菌が酸素を嫌うことが理由です。そのため、ヨーグルトなどにビフィズス菌が含まれる場合は、酸素の透過性が低い容器を使用するなどの工夫が必要になります。

それでは、そうまでしてビフィズス菌を体内に摂り入れたい理由とは何なのでしょうか。ビフィズス菌は腸内に多く生息はしているものの、加齢、ストレス、食生活の乱れなどによって減っていってしまいます。そして、ビフィズス菌が減ると悪玉菌が増えて体調不良が引き起こされるため、ヨーグルトをはじめとした食品やサプリメントで摂取していくことが望ましいのです。

最後に、ビフィズス菌が持つ力について紹介しましょう。

乳酸菌が糖を分解して多量の乳酸を作り出すことに対して、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸やビタミンB、葉酸なども作り出します。こうした成分が腸内の環境を整え、腸の蠕動運動を活発にしてくれるので下痢や便秘を解消できますし、インフルエンザウィルスやO157、感染症にかかりにくくなるなどの効果も見込まれます。ほかにも免疫調節作用、脂質代謝改善効果といった効果もあるため、ビフィズス菌は健康のためにオールマイティな活躍をしてくれているのです。

ページのトップへ