腸内フローラのサプリはいつ飲むと効果的か知っていますか?

腸内フローラのサプリメント比較!驚きのダイエット効果
  1. 腸内環境を変えて免疫力アップ

腸内環境を変えて免疫力アップ

よく、「サプリメントは医薬品ではないのでいつ飲んでも大丈夫」という文言を目にします。しかし全てのサプリメントが当てはまるわけではありません。

乳酸菌のサプリメントを服用する場合、食後に飲むことが最も効果的なタイミングです。その理由は胃酸の強さが空腹時と満腹時で異なるためです。食事で何かを食べると、胃酸は消化のために薄められます。しかし、空腹時には胃酸が薄まらないため、本来の強さのままなのです。

乳酸菌は酸に弱いという特性があり、空腹時に摂取すると胃酸や胆汁で死滅してしまいます。なので、なるべく乳酸菌の力を残したまま腸に届けるためにも、胃酸の力が弱くなる食後に摂取すると良いということです。

朝・昼・夜のいつ飲むべきかについては、特に効果に大きな違いは出ないようです。ただ、習慣化していくことで効果が出るものなので、忘れにくいタイミングや飲みやすい時間帯を意識することがおすすめです。

飲む時間帯にも工夫をしてみよう

飲む時間帯にも工夫をしてみよう

飲むタイミングとして一般的に多いのはやはり朝食後です。ダノンジャパンのアンケートでは、「ヨーグルトを食べる時間帯」の回答では以下のような結果が出ています。

64.8%
8.3%
午後
7.9%
19%

これを見ると、朝が圧倒的に多くなっています。アンケートはヨーグルトを食べる場合ですが、サプリメントでも朝食後の摂取が一番効果が実感できた、という口コミが多いです。しかし反面、服用後30分以上経過してからでないと効果が実感できないという方もいらっしゃるので、忙しい朝には不向きのようにも思えます。

せっかくなら出勤前にお通じを済ませてからすっきりした気分で会社に行きたいものですが、サプリメントの摂取で何より大切なのは毎日決まった時間に飲むことです。毎日同じ時間にサプリメントを飲むことで身体の中でもリズムができますし、日によって飲む時間帯が朝、夜など頻繁に変わると、体調を崩す可能性もあります。

飲み忘れをしにくく、習慣化しやすい時間帯は自分のライフスタイルと相談して決めることが大事です。仕事の飲み会や付き合いで夕食後に飲むことが難しいのであれば昼食後に飲むようにしたり、主婦であれば朝食後に飲んですっきりしてから1日を過ごす、なども良い選択といえます。

効果をもっと上げるために!2つのポイント

効果をもっと上げるために!2つのポイント

時間帯以外にもできる工夫として、ぬるま湯で飲むこと、食事でオリゴ糖や食物繊維を積極的に摂取しておくことがあります。乳酸菌は熱にも弱いので、熱いお湯だと乳酸菌が死んでしまいますし、あまり冷えた水で飲むのもお腹や身体に良くありません。

腸内フローラを整える乳酸菌サプリを飲むなら、「プロバイオティクスとプレバイオティクス」のページでも説明したように、乳酸菌が効果を最大限発揮できるようプレバイオティクスを意識した食事をすることが有効です。プレバイオティクスとはオリゴ糖や食物繊維などの「乳酸菌のエサになる物質」のことなので、乳酸菌が増えやすくなります。

もし毎日の食事で朝食ならオリゴ糖を摂取できる、昼食なら食物繊維中心の食事ができる、ということがあるなら、そうした習慣に合わせて乳酸菌を摂取することで単一で摂るより大きな効果が期待できます。

ページのトップへ