プロバイオティクスとプレバイオティクスについて調べました!

腸内フローラのサプリメント比較!驚きのダイエット効果
  1. プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは?

「腸内フローラサプリの選び方」でも少し触れさせていただきましたが、「プロバイオティクス」というあまり聞き慣れない言葉が腸内フローラ改善のためには重要です。

難しそうな言葉で取っつきにくい、という印象を受けてしまうかもしれませんが、人間の身体にとって良い働きをする微生物をプロバイオティクスと呼びます。代表的なものには乳酸菌やビフィズス菌などがあり、腸内フローラを改善するものとしてサプリメントに含まれることも多くなっています。また、そうした微生物を含んだ食品(ヨーグルトや乳酸菌飲料)をプロバイオティクスと呼ぶこともあります。

ここまで説明してお気づきの方もいらっしゃることと思います。プロバイオティクス、と言ってしまうとわかりにくいですが、「人体に良い影響を与える微生物」というのはつまり「善玉菌」のことです。ただし全ての乳酸菌が当てはまるわけではなく、条件を満たしたものしかプロバイオティクスとしては認められません。判断の目安としては「トクホ」(特定保健用食品)のマークがある食品を選ぶと良いです。

そもそも、プロバイオティクスの語源は「共生」を意味する「プロバイオシス」(probiosis)にあります。「抗生物質」を意味する「アンチバイオティクス」(antibiotics)に対比して考えられたもので、1989年、イギリスの微生物学者Fullerによって定義されました。

アンチバイオティクスは菌を殺して身体を守りますが、副作用の心配もあります。しかしプロバイオティクスは菌を殺すのではなく、身体に良い菌を摂取して健康を維持し、病気を予防する考え方なので、アンチバイオティクスのような不安がありません。さらに、胃酸などに負けることなく生きて腸まで届くので、病気を予防するだけでなく美肌効果、抗アレルギー効果など、様々なメリットが望めることも特徴です。物を分解するときに発生する気体は「腐敗ガス」と呼ばれ、「排泄物」と同じ扱いになります。つまり、オナラの役目は「排泄作用」ということになりますね。

セットで摂りたいプレバイオティクス

セットで摂りたいプレバイオティクス

プロバイオティクスを摂取する際、知っておきたいのが「プレバイオティクス」による効果の上昇です。名前が似ていてややこしいですが、こちらは1995年、イギリスの微生物学者Gibsonによって提唱されました。

プレバイオティクスというのは、「プロバイオティクスの働きを助ける物質」のことです。特徴的なのは腸の中でプロバイオティクスのエサになり善玉菌を増やしてくれるということです。しかもこのとき、悪玉菌は増やすことがありません

そして、プロバイオティクスはプレバイオティクスとセットで摂取することで高い効果を発揮することが知られています。もともと身体に良い影響を持つプロバイオティクスをサポートしてくれるのですから、できるだけ一緒に摂っていきたいものです。

そんな便利な物質を日常的に摂るなんて難しいのでは、と思ってしまいますが、プレバイオティクスにはオリゴ糖や食物繊維などが該当します。食事による乳酸菌の摂取やサプリメントの服用など、腸内フローラ改善を意識する際には、プレバイオティクスによる効果も考えていきましょう。

ページのトップへ